胸の膨らみをコントロール|解消できるのはほうれい線だけじゃない|ヒアルロン酸注射の効果

解消できるのはほうれい線だけじゃない|ヒアルロン酸注射の効果

女性

胸の膨らみをコントロール

バスト

女性理想の姿

美しく大きなバストの膨らみは全男性の憧れです。しかし生まれ持った胸の大きさは人それぞれで、大きな女性もいれば小さな女性もいます。そのことがコンプレックスとなって、男性との愛情をうまく育めなくなってしまった女性も存在するなど、豊胸とは男性本位の欲求だけでなく女性のほうからも求められる憧れなのです。アメリカにおいては年間40万人もの女性が豊胸手術を受けているなど、すでに一大産業として認知されています。美容目的の豊胸手術は1950年代に始まったと言われていますが、胸にシリコンなどの充填物を埋め込むことで大きく見せる方法が長らく主流となってきました。しかし体内に異物を挿入する方法は充填物が経年劣化するため破裂する被害が出るなど、長期的な安全性に問題があります。

様々な方法

豊胸と言えば元々充填物を胸部に埋め込むスタイルが主流でしたが、現在は自分の体内にある皮下脂肪を乳房に移植する脂肪注入法が発達しています。この手術自体は80年代から行われていましたが、当初は効果が不十分だったり、乳がん検診の妨げになるといったデメリットも多く存在していました。しかし現在は技術の発展もあり、リスクの少ない方法がいくつも考案されています。また、ヒアルロン酸などを乳房に注入することで一時的に胸を大きくするプチ豊胸という技術もあります。プチ豊胸は低コストで利用できて、メスを入れる必要もないので現在ではメジャーになりつつあります。豊胸手術は発展途上の技術なので、それぞれのやり方にはそれぞれメリットとデメリットがあります。自分に合った手術を選択して、自分が望む美しさを手にしたいものです。